大きくする 標準 小さくする

年表で辿る当クラブの歴史

当クラブの歴史年表詳細はこちらから pdfデータ(300kb)

西暦 主な出来事 参加リーグ 優勝チーム リーグ戦順位、戦績 監督 主将名
1929 池尾清、加倉井健吉、小林英四郎、南義夫、川合利平(旧 北田)5名の有志が、池尾氏を中心にラグビークラブを創設。当初のクラブ名は「ドライアイス」。          
1930 塾内対抗に出場(秋)。シーズンオフに喫茶店「紫」で塾内チーム「マンモス」との合同チーム結成に合意。JSKSクラブと初めて称す。          
1931 三月に関西遠征を挙行(宿泊は池尾清氏の実家)。対戦相手は主に実業団チーム          
1932 1932~33年にかけて、塾内競技部の公認団体となり、次いで所属団体となる。公認ののち、慶應JSKSクラブが正式名称となる。          
1933           小林英四郎
1934            
1935            
1936           池尾 毅
1937            
1938            
1939           鈴木美英
1940           澤木建依
1941           宮沢秀治
1942 関西遠征の宿舎にて、山浦元、川畑博、工藤英一らによって、「JS音頭」が創作。         山本篤介
1943 松原湖合宿中に学徒動員が決定。合宿終了後、??駅にて、「死んでしまえ」の挨拶とともに、別れる。          
1944           川畑博
1945            
1946 復員した学生、OBらによって、秋に芝浦工大Gにて練習再開。          
1947 木下主将、原田一郎氏らの尽力により、合宿再開。しかし、戦後初のGWRC戦は0対64の大敗(現役・OB混成のオールJSチーム)。         木下 誠
1948 現役単独チームが復活。          
1949 丸子オリンピアでの練習開始。三田 学生ホールにJSKSの部室を設置。再建後初のGWRC戦勝利。         北村茂、村松義夫(後期)
1950           三橋 強
1951           山下規郎
1952 JSKS,GWRC,BYBの3チームで初のリーグ戦開催。結果は1位GWRC,2位BYB,3位JSKS。 KCRF GW 0勝2敗   谷川和穂
1953 KCRF2年目。明治大学MRCが加わり、4チームでのリーグ戦に。 KCRF GW 1勝2敗   山口 博
1954   KCRF MRC     本郷嘉朗
1955   KCRF JSKS     安藤昌広
1956   KCRF JSKS     下村了二
1957 立教大学RFRCがKCRFに加入。5チーム体制に。 KCRF JSKS,GW     熊崎俊昭
1958   KCRF MRC     小澤太三郎
1959   KCRF GW     田中洋一
1960   KCRF GW     坂崎耕一郎
1961 GW戦最後の1分で逆転負けし、優勝を逃す。GW戦の前日に中野の会社クラブを借りて「GWに勝つ合宿」を催す。 KCRF GW 4勝1敗(2位) 原田一郎 池松宏昌
1962 当時は「関東クラブラグビーリーグ戦(KCRF)」を東京中日新聞社が後援してくれ、試合の翌日の新聞に試合概要とメンバーが掲載。 KCRF BYB 1勝3敗 (BYB,RFRC,GW,JSKS,MRCの順) 原田一郎 高田 彰
1963 ・4年生最後の夏合宿明け後、故横河理事長の要請で部員総出でYHP本社予定地の草刈り、整備
・グランド確保のため渋谷駅のプレイガイドに長時間行列
・練習後は武蔵小山の原田家に入り浸りでご馳走になった
・又渋谷道玄坂の罠罠の餃子、都立大駅の焼鳥を堪能した
KCRF GWRC 2勝2敗(GW,BYB,JS,MR,FRの順) 原田一郎 北井豊雄
1964 KCRFに法政大学FRBが加入し6チーム体制に。
小林キャプテンを中心としてBYBに負けたものの、GWに勝ち、4勝1敗でGWと優勝を分ける。GWには6連敗中であったが最終戦でGWを破り、7年振りの優勝。原田監督も喜びの感涙。優勝した11月29日を記念して1129会を結成(現在は65-71年までの集まりを1129会と称す)。
KCRF JSKS,GW 4勝1敗 原田一郎 小林戴三
1965 4年生の主力のPROP二人が就職と怪我のために離脱、公式戦出場の4年生は、FWが3人、BKSが2人と極端に少なく、2年生や1年生の経験の浅い若手に頼らざるを得ないチーム構成となった。前年の劇的な優勝の後で、OBからの期待も大きかったが、結果を残すことができなかった。リーグ戦では、春の定期戦に快勝したBYに、前半の山場のゲームを接戦で負けたのが響き、最終のGW戦でもラスト10分で引き離されて完敗。 KCRF BYB 2勝2敗1分 原田一郎 佐橋國男
1966 関西遠征で同志社H&Tと第1回定期戦。65年より東大LBRCとの対戦がスタートする。LBの立ち上げには麻布高校ラグビー部の縁でJSメンバーも協力し、67年のKCRF加入に繋がった模様(LBのKCRF加入時期は特定できず)。 KCRF JSKS 6勝0敗 原田一郎 小田晋吾
1967 関東大学クラブ・ラグビー・リーグ戦=6戦の総得点222:総失点17で全勝、2連覇達成。この年より、KCRFに東大LBRCが加入し、7チームとなった模様。 関東大学クラブ・リーグ JSKS 6戦全勝 原田一郎 近藤武煕(遊佐)
1968 原田監督曰く「JSKSの戦後最強のチーム」。暮れの関西遠征で当時国体出場の神戸製鋼(一本半)と対戦18-6で負けたが、先方のキャプテンが前日のJSと同志社D&Hの試合を見て強いメンバーに組み替えたと伝え聞く。 KCRF JSKS 6戦全勝 原田一郎 山本介二
1969 KCRFは絶対本命の下馬評に油断したのか緒戦のBYBにまさかの敗戦。あとは実力発揮でなんとか優勝し、KCRFリーグ選4連覇したもののリーグ戦4年間の通算成績は22勝1敗と唯一の黒星を我が学年で記録してしまった。法政、青学、東海との対戦もありましたが、一番印象に残っているのは、3年生の最終戦の神戸製鋼戦(6-18)。敗戦とはいえ、あのゲームがチームとしては一番まとまっていたベストゲームと記憶している。 KCRF JSKS,GW 5勝1敗 原田一郎 鵤 勝彦
1970   KCRF JSKS     二島建夫
1971   KCRF BYB,MRC     八代好正
1972 KCRF全勝優勝 夏合宿以降、体育会チームとの練習試合も含めて圧倒的な強さを見せ、無敗でシーズンを終える KCRF JSKS 6戦全勝   愛波哲夫
1973   KCRF BYB,MRC     杉田雅人
1974 KCRF優勝、関西遠征でH&Tをノートライに押さえ圧勝
72年のチームを目標にしたが、BYBに苦杯を呑まされる
KCRF JSKS 5勝1敗 神谷晴美 新田 豊
1975   KCRF BYB   神谷晴美 大味立夫
1976   KCRF BYB   神谷晴美 井上勝一郎
1977   KCRF GW 3勝3敗 神谷晴美 小沢教昭
1978   KCRF GW   神谷晴美 竹中一男
1979 50周年記念事業、関西遠征(天理、同志社H&T)、春合宿の自衛隊で落下傘訓練 KCRF GW 1分5敗 神谷晴美 川合規之
1980 合宿は74年卒の増田さんのお世話で1回だけ菅平を離れ、長野県飯田市にて行う。リーグ戦最終のGW戦の後半のみ結果は0-0でしたが、スクラムも押しまくり、原田先輩と監督に1年間で唯一誉められる。 KCRF MRC,FRB 0勝6敗 小林戴三 三上幸一
1981 7年ぶりにKCRF優勝。 KCRF JSKS,GW,MRC 5勝1敗 二島建夫 大藤 衛
1982 KCRF連覇。 KCRF JSKS,GW,FRB 5勝1敗 二島建夫 進藤一英
1983 KCRF準優勝(優勝はGWRC)。 KCRF GW   二島建夫 富野春城
1984 強力な3年が主力となり、KCRF単独優勝。関西遠征では天理大学、H&Tに連勝。 KCRF JSKS 5勝1分 二島建夫 山中宏之
1985 前年の5勝1分を受け、全勝優勝こそが大命題であったが、結果3位に甘んじることとなった。前年(81年)の優勝が呼び水となり、前後数年の代の中では一番多い同期18人を擁する。
全国大会出場経験者、オール東京メンバーなど高い力量を備えた者がいる一方、初心者もおり、JSらしい多様性に富んだ代だった
KCRF GW,MRC 4勝2敗(3位) 二島建夫 清水徹夫
1986   KCRF GW,MRC 2勝4敗 二島建夫 岡田 豊
1987 KCRFは立教・東大にのみ勝利。他は全て惜敗。 KCRF BYB 2勝4敗 二島建夫 田中秀樹
1988   KCRF GW 2勝4敗(LB、RFに勝ち) 二島建夫 高木保治
1989 GWに0-3で敗れ準優勝。 KCRF GW 5勝1敗 二島建夫 好川弘一
1990   KCRF JSKS   二島建夫 榎本至洋
1991   KCRF MRC 4勝1敗(MRC)1分(GW) 進藤一英 元木敬文
1992   KCRF MRC     佐藤 康
1993 3年の時に初のNZ遠征。関東クラブ選手権第3位 KCRF MRC 4勝1敗1分 進藤 一英 小谷野哲行
1994 KCRFは3勝3敗(BY,RF,LBに勝利)。
学生クラブ選手権(トーナメント)に進めず。
KCRF MRC 3勝3敗 進藤一英 林田修治
1995 清水監督(86年卒、ブリヂストン)からは、大雨の中、自ら泥に塗れながらのスマザータックルの見本のご披露等、体を張った熱いご指導を受け、感動。清水監督就任3ヵ月後、転勤に伴い、急遽、小林監督(88年卒、当時の三井海上)に交代。小林監督からも、冬でもビーチサンダルで通せるほどの熱いご指導を受けた。
桑名主将の言葉は、「今日の我に明日は勝て」。
KCRF MRC 4勝2敗 (BYB、GW、RF・ALBに4勝、MR、FRに2敗) 清水徹夫
小林信一郎
桑名寿幸
1996   KCRF MRC     古山 彰
1997 KCRFは立教・法政にのみ勝利。他は全て惜敗。 KCRF MRC 2勝4敗 小林信一郎 稲沢計典
1998 「テレビ・マンガ・外出禁止」そして「涙」の夏合宿。同期二人が現役で公認会計士、司法試験合格。 KCRF MRC 4勝(RF/FR/BYB/LB)2敗(MR/GW)、最終戦のGW戦で敗退し3位。 小林信一郎 羽田武雄
1999 日吉キャンパスにてJSKS創立70周年記念式典を開催。 KCRF MRC 2勝3敗 佐藤康 小林丈通
2000 リーグ戦後に関東学生クラブ選手権2部に参加
トーナメントで敗戦
2部3部入替戦で勝利し残留。
KCRF MRC 1勝3敗1分 高村義一 加藤大一朗
2001 関東学生クラブ選手権2部優勝。 関東学生クラブ選手権2 KCRF JSKS,BYB,MRC   高村義一 高橋成人
2002 関東学生クラブ選手権1部 3位 関東学生クラブ選手権1 KCRF BYB 予選:1勝2分け
決勝T:1敗
高村義一 筑比地邦明
2003 BBYB創立70周年記念にて秩父宮Gにて試合。(JS負け)
関東学生クラブ選手権1部 3位
関東学生クラブ選手権1  早大リスの会 予選:2勝1敗
決勝T:1敗
高村義一 野見山大
2004 関西遠征にて同志社H&Tに勝利(24-22)
関東学生クラブ選手権1部 3位
関東学生クラブ選手権1 KCRF BYB 2勝2敗
準決勝敗退
高村義一 葉山拓也
2005 東西交流大会 優勝
関東学生クラブ選手権2部転落。(1部にて全敗!)
関東学生クラブ選手権1 KCRF 早大リスの会 0勝5敗 好川弘一 井之上健浩
2006 関東学生クラブ選手権2部優勝、1部復帰。<真田カップ・トーナメント戦>・<地区対抗関東1区代表決定戦>決勝戦まで進出も武蔵工大に敗れる。 関東学生クラブ選手権2 KCRF 1部:BYB
2部:JSKS
5勝0敗 好川弘一 田中隆之
2007 関東学生クラブ選手権1部復帰も、4位に甘んじる。 関東学生クラブ選手権1 KCRF 早稲田大学こんぷれっくす 4位(2勝3敗) 新田豊 中山 徹
2008 関東学生クラブ選手権1部5位。1部2部入替戦では中央大学ICBMに38対0で完勝。この年から流通経済大学、山梨学院大学の体育会がチームを編成し、 クラブリーグ(4部)に参入。 関東学生クラブ選手権1 KCRF 早稲田大学こんぷれっくす 5位(2勝3敗) 小川浩司 小西悠史
2009 関東学生クラブ選手権1部2位。地区対抗予選代表決定トーナメント準決勝でGWRCに17対40で敗戦。 関東学生クラブ選手権1 KCRF MRC 2勝3敗(2位) 小川浩司 井之上康浩
2010 1部6位となり2部1位の山梨学院大学グリーンイーグルス(体育会)との入れ替え戦に敗れ2部降格。 関東学生クラブ選手権1 KCRF GWRC 1勝4敗(1部6位) 好川弘一 平川慧
2011 下馬評2部優勝候補の流経大ドラゴンズに12‐0で勝利も、BYBに敗北し入替戦出場ならず。 関東学生クラブ選手権2 KCRF 1部:早大こんぷれっくす 32敗(2部3位) 好川弘一 風間広大
2012

2部全勝で入れ替え戦出場もGWRCに惜敗。チャレンジマッチで慶大理工学部に快勝し、1部復帰を決定。12/16まで続いた長いシーズンだったが、好川監督、佐藤コーチ、奥田コーチのもと156回の練習を経て最後まで戦い抜くことができた。

関東学生クラブ選手権2 KCRF 1部:BYB
2部:JSKS
5勝(2部1位) 好川弘一

辻順也

2013

1部10チームとなり、ABブロックに分かれてリーグ戦を実施。 Aブロックで0勝4敗で1部Aブロック5位となるも、2部1位の法政工学部との入替戦に勝って1部残留。

関東学生クラブ選手権1 KCRF 1部:RKUラグビー龍ヶ崎(流経大 体育会) 0勝4敗(1部Aブロック5位) 好川弘一

斎藤賢

2014

流経大 体育会がクラブリーグを去り、1部9チームでABブロックに分かれリーグ戦を実施。 Aブロックで2勝2敗となるも1部9チーム中7位となり2部1位の法政工学部との入替戦にのぞみ敗退。2部降格。

関東学生クラブ選手権1 KCRF 1部:GW 3勝3敗(1部7位) 佐藤優

山本ニコラス

2015

2部で4勝1分で優勝し、1部最下位の山梨学院大学グリーンイーグルス(体育会)との入替戦に勝利し1部に昇格。

関東学生クラブ選手権2 KCRF 1部:GW 4勝1分(2部1位) 佐藤優

鎌田大平


慶應J.S.K.S.クラブの理念   理事長からのご挨拶   クラブの歴史と変遷   クラブ組織と活動の概要   年表で辿る当クラブの歴史   FAQ

JSKSとは?