大きくする 標準 小さくする

FAQ

Q:慶應JSKSクラブとはどのような活動をするクラブですか?

慶應JSKSクラブは1929年(昭和4年)に発足した日本で最初に誕生した学生ラグビークラブチームです。慶應義塾大学の学生によりチームを結成し、関東学生クラブ選手権、KCRF(関東クラブラグビーリーグ戦)などに参加しています。

 

Q:JSKSってどういう意味ですか?

慶應JSKSクラブは1929年(昭和4年)に発足した日本で最初に誕生した学生ラグビークラブチームです。
ラグビーを愛する慶應義塾の塾生5名が創部したのが始まりです。おりからの大不況時代を揶揄し「地獄の沙汰も金次第」の頭文字から「JSKS]と命名したと伝わっています
その後クラブの精神を表す言葉として以下のように解されて来ましたが、最後のSは時代とともに解釈は異なっており、それぞれの時代の想いがあって現在に至っています。
J:  Justice
S:  Soundness
K:  Kindness
S:  Society,Sportsmanship,Sacrifice
 

Q:慶應の学生だけしか入れないのですか?

当クラブは慶應義塾大学に在籍している学生から構成される学生クラブチームです。

 

Q:ラグビーの初心者でも入れますか?

我々は、一生の友を得る、強いチーム作り、自主運営、学業との両立という、理念の旗を掲げ、"never give up"のスピリットで学生クラブチームNo.1を目指します。その目標に向けて一緒にチャレンジするメンバーを募集します。

ラグビーを愛する人たちであれば経験者でなくてもラグビーをやってみたい、あるいは好きだ、という人たちも受け入れるオープンな学生クラブチームです。

■慶應JSKSが求める学生:
JSKSの理念及び下記練習方針に賛同し、4年間のラグビーとの取り組みで、人生の糧になる何かを勝ち取る真摯な積極的な姿勢を持つ学生

・高校時代にラグビーをプレーしていたが、新たなチャレンジをしたいと考えている慶應義塾大学の学生
・高校時代ラグビー以外のスポーツをしていたがラグビーに新たにチャレンジしたいと考えている慶應義塾大学の学生
・プレーヤー以外でレフリーをはじめラグビーに興味があり、クラブの広報活動、運営の支援、マネージメントに興味のある大学生

■活動内容:
ラグビープレーヤーを目指す学生は基本をしっかり練習します。ラグビー以外のスポーツをしていた学生には友人、先輩達が懇切丁寧にコーチ指導します。
OBもメンバーもラグビーを高校時代に経験したものばかりではありません。ラグビー未経験者、学部、出身高校は多様性に富みお互いに助け合い、切磋琢磨するカルチャーを醸成しています。慶應JSKSでは罵声や怒鳴り声が飛び交うことはありません。これは、選手自身がラグビーを好きになり、うまくなりたいと思うこと以上にラグビーがうまくなる方法はないと思っているためです。そのためのメニューも充実させています。


Q:体育会とどう違うのでしょうか?
 当クラブは体育会の所属団体です。ラグビーを行う学生チームという点では同じですが、学生・OBによる自主活動を行い、学業とラグビーを両立させ、一生の友人をつくることです。その為に真摯・誠実にラグビーに取り組み強いチームをつくることです。

 

Q:普段の練習場所と時間はどうなっていますか?

基本的に週4回の練習(火曜、木曜、土曜、日曜)です。また土日の練習は午前中に行うので、午後の時間を有効に使うことができます。

火・木の練習
下記のいずれかで実施。 5限目授業に出席可能が前提の時間設定に
しています。

四谷グラウンド(上智大学グラウンド) 19:00-20:30
東京都東京都千代田区紀尾井町7-1上智大学真田堀グラウンド 
JR/丸の内/南北線四ツ谷駅から徒歩3分 

綱町グラウンド 17:45-19:30 
東京都港区三田2?19-10
http://www.uaa.keio.ac.jp/about/facility.html
慶應義塾大学三田キャンパスより徒歩5分


土・日の練習
下記のいずれかで実施。特別日以外は、午前中に終了し午後からは自由に
過ごせます。

辰巳グラウンド 9:00-11:00
東京都江東区辰巳2-1-35 
東京メトロ有楽町線辰巳駅から徒歩10分 

川口グラウンド 10:30-12:30
川口市飯原町14-1 
JR京浜東北線 川口駅より徒歩20分 

保土ヶ谷グラウンド 9:00-11:00
横浜市保土ケ谷区花見台4-2 
相鉄線星川駅または、和田町駅より徒歩15分 

小岩グラウンド(河川敷の空き地) 10:00-12:00
東京都江戸川区東小岩2丁目先
JR総武線小岩駅南口から徒歩30分

 

Q:クラブの活動と学業の両立は可能でしょうか?

慶應JSKSはラグビーと学業を両立させる方針です。 

 

Q:マネージャーとして参加したいのですが?

ラグビープレーヤー以外にもJSKSの活動を支援する活動が多くあります。サポートして頂けるメンバーも同様に募集しています。

① クラブ活動、運営のマネージメント支援
   A) 練習、試合の手配、試合での救護支援、試合の分析
   B) 合宿の手配
   C) 予算管理

② 広報活動
   A) JSKSの活動をメディア、会員に告知し、理解してもらう為のホームページその他の広報資料の制作、更新作業。
   B) 新入部員のリクルート用の資料作成と高校生、新入生への勧誘。

 その他、チーム専属レフリーや学生コーチとして活躍することもできます。

 

Q:活動費用はどのくらいかかるのでしょうか?

部費として年間5000円を徴収しています。この部費とOB組織からの援助で、必要な試合会場等の利用料、練習用具、トレーナー費用等は全て賄われています。従って、個人の用具(ジャージ、スパイク等)、練習場・試合会場への交通費、および春と夏の合宿参加費用等が個人負担になります。
 
 

Q:クラブの活動は就職活動に支障はないでしょうか?

JSKSは80年以上の歴史の中で経済界、政界、法曹界に多くの人材を輩出し、強固なOBネットワークを形成しています。4年間(または途中入部でも)JSKSの練習、試合に誠実に参加した学生は就職指導と当クラブのOBネットワークを活用した就職支援を行っています。
主な就職内定先
日本航空、みずほ銀行、中部電力、住友不動産、三井住友銀行、サントリー、三菱商事、大学院進学、川崎汽船、三菱電機、三菱重工、日本生命、双日、富士通、東芝、三井不動産リアリティー、日清食品、東京海上日動、リクルートコミュニケーションズ、HIS、博報堂、イオン、DIC、日本ユニシス
 

 



慶應JSKSクラブの理念   理事長からのご挨拶   クラブの歴史と変遷   クラブ組織と活動の概要   年表で辿る当クラブの歴史   FAQ

JSKSとは?