大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • (益田悠暉)慶應ラグビー祭~vs体育会新人~

J.S.K.S.増刊号

(益田悠暉)慶應ラグビー祭~vs体育会新人~

投稿日時:2012/04/30(月) 21:19rss


読者のみなさんこんにちは!J.S.K.S.の用具管理隊長益田悠暉です!

今日は4月29日に行われた慶應ラグビー祭について書かせていただきます。



4月29日天候は晴れ。もう夏じゃないのかってくらいの暑さの中で今年のラグビー祭は開催されました!
ラグビー祭では毎年、体育会ラグビー部に入部した新人対慶應学内のクラブチームの試合を行うのですが
ここまで過去数年間、クラブチーム側は体育会を相手に1トライも取れていないという悔しい結果に終わって
きました・・・



クラブチームは3チームに分けられ、各20分ずつ体育会新人との試合を行うのですが我らJSKSは栄えある1番手。
今年こそは!JSKSの新しいコンセプト、接点を少なくして走り勝つラグビーで1本トライを取り、それを20分守りきって勝つというプランで試合に臨みました!

J.S.K.S.増刊号

(試合前の風景。左端の齋藤の気合十分の視線・・・)




J.S.K.S.増刊号

(試合中。スクラム前。)



結果は・・・













体育会新人12-0J.S.K.S



やはり20分という時間はラグビーをするにはあまりに短い!
JSも再三敵陣深くまで攻め込みましたが、どうしても最後の数メートルを攻めきれない!
試合時間も終わりに近づいた頃、テンポのいい外への展開でボールを持ったのはキャプテンでNo.8の辻。
遂にトライか!?
終盤の山場に観客席も期待に盛り上がりましたが残り約3mのところで相手ディフェンスに捕まり惜しくもトライにはなりませんでした。
残念ながら今年も無得点のまま試合は終わってしまいました。



しかし収穫も大きかったと言えるでしょう!
過去数年大量得点されていたJSですが今年は2トライに抑えました。
またオフェンスでも個人技に頼るのではなく、外へ外への展開で走って攻める形ができてきました。
負けはしましたが今後に期待できる内容だったと言えるでしょう!
今回の反省を活かし、取れなかった分のトライはKCRFと秋の大会で取っていきたいと思います!





試合後は日吉にある益田宅にて粛々と宅飲みを開催。

J.S.K.S.増刊号
(ラグビーができない鬱憤が溜まってる様子の唐橋くん。なお秋には本気を出す模様。画面上の手は副将小林)


写真の二人と益田兄弟の4人という少人数での宅飲みでしたが、少人数ならではの面白い話が聞けました。(笑)






と、まぁそこまでは良かったのですが深夜になってくるととある酔っ払いが大騒ぎ。残り3人は呆れ顔。( °д°)
楽しい会ではありましたがとりあえず唐橋くんは宅飲みに誘うと夜大変めんどうくさいということが痛いほどよくわかったのでしばらくは参加を規制します・・・(切実)


以上、拙い文ではありましたが4月29日の内容をまとめさせていただきました!
読者のみなさん!次回更新をお楽しみに~!(・∀・)/
 

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:(益田悠暉)慶應ラグビー祭~vs体育会新人~

(ブログタイトル:J.S.K.S.増刊号)