大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • (齋藤賢)春のシーズンを振り返って

J.S.K.S.増刊号

(齋藤賢)春のシーズンを振り返って

投稿日時:2013/06/13(木) 10:31

こんにちは。
4年の齋藤です。

なんと前回の更新は12月下旬!!
あの時は主将になる前だったのですね…
まさに光陰矢の如し。
最後のシーズンもぼーっとしてたらあっという間に終わってしまいそうです。

この場をお借りして、春シーズンを振り返りたいと思います。

JS祭から今年のチームがデビューしました。
縦割りのチーム、新しいメンバーでの試合は最初は全く機能せず、かなり厳しい試合となってしまいました。
フィットネスレベル、ブレイクダウン、ボールキープ力、セットプレー等々、課題は山積みでした。

しかし、毎回の試合を幹部、コーチ陣で振り返り、その都度効果的な練習を考えてきました。

KCRFは1勝3敗、勝利に繋がっているとは言えませんが、被ターンオーバーが減ったり、セットプレーが安定したりと、練習の効果は目に見える形であらわれていると思います。

秋には我々の目指す形であるランニングラグビーを実現出来るよう、お互いにより厳しく、一つひとつを正確に丁寧に、日々を過ごしたいと思います。

今年のチームはまだ結果を出していないです。
今年のチームは可能性があると思います。
なぜなら、春の段階から毎回の練習
に30人近くの部員が来て、相手を付けて高いコンタクトレベルでの練習が出来ているからです。
JSに入って4年目ですが、正直こんなJSは初めて見ました。自分もかなり厳しく高いものを要求していると思いますが、ここまでは良くやってくれていると思います。
今年のチームは何かをやれるチームだと思います。
可能性あるチームを可能性ではなく本物に出来るよう、幹部を中心に一丸となってやって行きます。

応援の程、宜しく御願いします。



iPhoneからの投稿

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:(齋藤賢)春のシーズンを振り返って

(ブログタイトル:J.S.K.S.増刊号)