大きくする 標準 小さくする

J.S.K.S.増刊号

(齋藤賢)次戦に向けて

投稿日時:2013/10/25(金) 21:59

主将の齋藤です。


秋の関東クラブ選手権大会1部リーグ3戦全敗という状況にあり、応援して頂いているOBOGの皆様に申し訳ない気持ちで一杯です。


現在、RKU戦に向けてGW戦の反省を踏まえてテーマを3つに絞って練習しています。

タックル、フラットにトップスピードで走り込む、そして「試合の緊張感を練習で出す」ことです。


試合の緊張感を練習で出すことが最重要テーマだと考えています。これまで、JSは自チームのノックオン等のミスやペナルティにより攻撃機会を相手に与えてしまうことが大変多かったと思います。


練習量は他チームに劣っていないのに、JSのミスが目立つのは、練習でやっている状況と試合の状況が異なるからです。練習に取り組む全員が試合と同じアタック、ディフェンスをしていなければ、それは試合で通用するスキルではない。練習の中でしか通用しないスキルを上げても、試合に活きないということを改めて痛感しました。


今、自分がすべきことは練習メニューの内容よりも、部員全員の練習に取り組む姿勢であることを再確認致しました。幹部一同上げて、より一層厳しくやっていきたいと思います。


それでは失礼します。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:(齋藤賢)次戦に向けて

(ブログタイトル:J.S.K.S.増刊号)