大きくする 標準 小さくする

2017年慶應J.S.K.S.学生チームをリードする首脳陣ご紹介

2017/03/25

本年度学生チームをリードする首脳陣の意気込みをご紹介させていただきます。一部復帰を目指して邁進する学生チームを、クラブ会員全員でバックアップして行きましょう!
 
主将・下村 瞭 法学部法律学科4年 長崎東高等学校 スタンドオフ
201703251154_7.png
主将を務めます下村です。今季は「2部全勝優勝及び1部昇格」を外的目標、「全員で戦術を理解し最後までやり切るチーム作り」を内的目標とし、活動します。目標達成のためには、戦術理解、フィットネスと改善すべき点は多々あります。久方ぶりの外部出身の主将として、課題を1つ1つ克服し、必ず勝てるチームにして御覧にいれます。是非会場まで足を運んでいただき、ご声援のほどよろしくお願いいたします。
201703251154_8.png
 
副将・越智 航平 経済学部4年 慶應義塾志木高等学校 フランカー
201703251154_9.png
昨年度も副務として少しではありますがJSKSクラブの運営にかかわらせていただきました。しかし、今年は副将として皆の意見をまとめながらチームの方針やスローガンを決定していく立場になり、重大な責任感とそれに伴う興奮を感じております。一生付き合える友人を作る場であり、勝利に向かって真剣に努力していくチームというJSKSの理念に恥じないクラブになるように一選手としても副将としても努力していきます。
201703251154_10.png
 
主務・山田 航輔 商学部4年生 愛知県立中村高等学校 センター、フランカー
201703251154_11.png
私が今年主務として成し遂げたいことは「規律」を取り戻すことです。当たり前のことを当たり前のようにやれるチームを作りたいです。これを突き詰めれば、下村主将がリーダーシップを発揮するための環境を作るという、主務の命題に繋がると考えています。選手としては、一番走れる選手になりたいです。去年の反省を踏まえて、オフ期間でも足腰を鍛えるメニューに取り組んでいます。試合終盤でも変わらぬ運動量を目指します。
 201703251154_12.png